小説家への近道は新人賞を受賞すること

By adminコメントは受け付けていません。

どうすれば小説家になれるのか、ということは今現在小説家という仕事を目指している人にとっては最大の疑問であって、最も大事な疑問であると思いますが、この答えとしては、一番の近道は新人賞を取るということです。小説には文学賞があって、その中には新人賞と呼ばれる、まだデビューしていなかったり、デビューしていても一冊ぐらいしか出していなかったりという、新人の作家さんが書いた作品だけを選考して賞を決めるものもあります。細かいルールはそれぞれ異なりますが基本的にはプロデビュー前のアマチュアの作家さんから作品を募集していることが多いようです。そして、このような新人賞をとることによって名実ともに小説家になることができますので、小説家になりたいのであれば新人賞をゲットしてみてはどうでしょうか。小説家というのは資格制ではないので名乗ってしまえばその時点からその人は小説家になれるのですが、そうは言っても作品もなく評価も受けていなければなかなか名乗ろうとは思わないものですし、名乗ったところで恥ずかしいと思ってしまうものです。しかし、このような賞があれば本を出すこともできるでしょうし、本当の小説家になることができますので、一番の近道ということでいえばこれです。

小説系

小説は書くものではなく読んでもらうもの

By adminコメントは受け付けていません。

小説は書くものですが、同時に読んでもらうものでもあります。そのため、自分が書き手となって送り出す側にまわる場合にはその文章を読んでくれる相手のことを何よりも大事に考えたほうがいいとおもいます。この意識が抜け落ちているとおそらくプロというのはまず無理ではないでしょうか。もちろん、自分が書きたいものを書きたいように書くということはとても大事なことですし、これをおろそかにしていいということでもないのですが、そうは言ってもせっかく書いた内容が相手に何も与えられない、つまりは何も伝わらないということでは意味がないので、そのようなことをしないように気をつけておきましょう。このようなことは、とにかく自分で何度も思っていると、いつの間にかそれが自分のくせになっているということもよくありますので、思い込みからスタートしてみましょう。毎日のようにやっているとそれが当たり前になってきて、自然と読者のことを考える文章がスラスラと書けるようになってくることもありますので、そのようなことを目指してがんばってみてください。せっかく小説を書くのであれば、やはり誰かに読んでもらって、なにかを伝えたほうが絶対にいいわけです。

小説系

書く事は苦しいけどその苦しみを抜けた人だけが小説家

By adminコメントは受け付けていません。

書くことは決してラクではありません。一ページやそこらの文字数であれば気軽に書けてしまうことでも原稿用紙何百枚分の文章を書くなどということになりますと、それはかなり大変だったりします。そのため、その覚悟は持って小説作りというものはしたほうがいいのですが、このような辛い時間を乗り越えた人だけが小説家になれるのも事実です。小説家というのは稀なケースを除けば共同作業ということはなく、ひとりでおこなわないといけないものです。そのため、誰かに愚痴ることぐらいはできるかもしれませんが、助けてもらうことはできません。また、あまり考えないほうがいいのですが、その作品がないと世の中が立ちいかなくなるというようなこともないので、自分なりにその作品の存在意義というものをしっかりと持っておかないと、あとになって辛くなってくることもあります。そのため、これらを乗り越えた先に小説というものがあって、そのさらに先に小説家という肩書きを持つことができるのだということは覚えておきましょう。楽しいことではありますが、同じくらいに大変さもあることなので、これから本気でプロを目指すのであれば、このあたりの覚悟は持っておきましょう。

小説系

出版社を題材にした小説を読んで本の世界を知ろう

By adminコメントは受け付けていません。

小説が題材にしているものは千差万別ですが、ちょっと変わったものとしては出版社というものを題材にしているものもあります。出版社というのは今更説明は不要でしょうが、小説などの本や雑誌などを出している会社です。このような会社を舞台に物語を展開していく小説があるのですが、そのようなものを読むことによって、今まで以上に本の世界を楽しむことができることになるとおもいますので、このようなタイプの本にも手を出してみるというのはいいのではないかとおもいます。出版社が舞台になっている小説と言っても、もちろんその内容はいろいろですが、基本的には本や雑誌が世の中に出るまでの舞台裏が書かれていたり、文学賞の選考のことなどが書かれていて、物語として楽しめるのはもちろんのこと、その情報も楽しめることになるはずですから、そのようなことを考えてみてはどうでしょうか。本が好きな人はどんなふうに本が出来上がってくるのかということを楽しみにしているという人もいるでしょうが、このようなタイプの本を読めばそのようなこともわかりますので、ぜひとも読んでみてください。いろいろなものがありますので、まずは大きく探してみることをオススメします。

小説系

個性の強い本屋さんは置いている本も個性的

By adminコメントは受け付けていません。

本屋さんにはいろいろなタイプがありますが、個性が強い本屋さんもあります。デザインが奇抜であったり、必要以上におしゃれな感じがしたり、店員さんのユニフォームがちょっと変わっていたり、店員さんが独特のオーラを持っていたりといろいろなパターンがあるのですが、そのような様々な点で個性があるのであれば、そのお店に置いてある本も個性的なケースが多いので、そのような本屋さんをどこかで見かけることがあったら、立ち寄るだけ立ち寄ってみてもいいのではないでしょうか。本屋さんのいいところは入ったところでお金がかかりませんし、飲食店のように入ってしまったら何か注文しなければならないというようなこともないので、冷やかしのレベルで入っても怒られることがないということです。そのため、見るだけ見て期待はずれだったらすぐさま出てきてしまえばいいので、まずは見るだけ見てみてはいかがでしょうか。外見からして奇抜だったり、おしゃれだったりして、それがなんとなく気に入ったのであれば中に置いてある本のほうも気に入るはずです。たまにミスマッチということもあるのですが、だいたいの場合には外見と中身はマッチしているので、気に入るはずです。

小説系

季語が進化

By adminコメントは受け付けていません。

小学生の国語の授業で、初めて「季語」を知りました。こんなにたくさんあるのだとビックリして、季節がある日本ならではの文化だと感動して、以来、しばらくの間、授業中にぼうっとしてしまう際は、いつも国語便覧の季語を眺めていたような気がします。日々、時代が変わっていくと共に、季語も増えているようですね。どうしても「日本の古くからの伝統のもの」だと思ってしまいがちで、カタカナの言葉があったりするとビックリするのですが、もう現代の人のものになっているのですから、当然と言えば当然なんですよね。「スキー」とか「オリンピック」とか、日本の元々の言葉ではないようなものや、どうやって季語として活用するのか分からないものもあったりしますが、作品目録をみていると、これらをうまく取り込んで、良い作品を作っている人がたくさんいるのです。小説の題材だって、年々時代に即したものになって変わっていきますしね。季語を発明した人たちが、今の時代にやって来て、現在の季語や作品の形を知ったとき、一体どんな反応をするのか・・・。実際にその様子を見ることはかないませんが、想像してみるだけでもだいぶ楽しいものです。きっと小説や音楽などでも、発明した人が進化したものを見たときの想像は、興味深いものなんでしょうね。

小説系

新しいパソコンを買う予定

By adminコメントは受け付けていません。

ノートパソコンに水をかけてしまって、修理費だけで、最初に購入したときの倍額程度になってしまうことが判明しました。業者にきちんと見積もってもらうって大切ですね。さすがに倍額出して修理する気にはなれなかったので、新しいものを購入することにしました。今すぐというわけにもいかないので(値段が高いものですしね)、吟味しているところです。ないと困るものなので、それなりに早く購入したいとは思っているのですが、なんだかんだでパンフレットやカタログをみたり、店頭で商品をチェックしたりするのは、楽しいことのように感じてきました。店員さんに色々聞かれても、「今検討しているんですけど」という言葉で、情報はオシエてもらえるけれど、逃げ出しにくくなってしまう・・・という、お買い物のネックもないですしね。データをほぼ消去してしまうことになるのが少し残念です。なくしては困るほどのデータもないんですが、いざ消滅してしまうとなると、それなりに寂しいものだったりします。データをバックアップしてくれる業者なんかもあるんですが、万単位でお金がかかるものですし、だったらその分新しいパソコンにつぎ込みたいな・・・と思ってしまうのでした。

小説系

いいにおいなんだけども

By adminコメントは受け付けていません。

トイレや部屋の脱臭剤や芳香剤ってありますよね。先日、百円均一に行ったとき、とにかく色々なタイプのものがあって驚きました。今は百円でもあんなに様々なものが売られているんですね。見た目も可愛かったり、ボールタイプのものだったり、多様なにおいがあったりして、見ているだけでも楽しかったです。マニキュアとか口紅とか、化粧品類と同じなんですよね、全部購入して使いたいわけではないけれど、並べておくと楽しいものって結構あると思います。今回の芳香剤もそんな感じでした。ただ、芳香剤や脱臭剤って、定番のにおいがあるので、どんなに良いにおいでも、結局は「トイレのにおい」とか「消臭剤のにおい」になってしまうことが多いんですよね・・・。あくまで認識の話なんですけど・・・。記憶とにおいって、ものすごく密接に関わっているものらしいです。推理小説のトリックで、においをきっかけにして思い出す~という心理を使ったもの、昔読んだことがあるような気がします。だから、どんなに良いにおいの香水でも、芳香剤や消臭剤と同じ方向性のにおいだと、「いいにおいだね、あ、トイレのにおいだ!」みたいになってしまうことがあって、結構無念だよな・・・と思ってしまいます。

小説系

まずは紙から

By adminコメントは受け付けていません。

「たくさん読んだつもりになる」紙素材があるのを知っていましたか?特別分厚い紙ではないのですが、小説に使うペーパーで、めくりやすく、手にすいつきやすく、更に全体的に量があるように感じるので、読後の「やりきった」感が半端ないものがあるそうです。とは言っても、数年前にテレビ番組の特集部分でやっていたのを、ほんの少し観た記憶があるだけなんですが・・・。普段小説をあまり読まない層からしてみれば、「これは良かった!」と自信を持って人に薦められる本があるって、大切なことなんですよね。良い作品に会えば、その楽しさが身に染み着いて、また新しく別のものを読んでみようという気持ちにもなるものです。何だってそうですよね。スポーツだって、一度その楽しみを知ったら、つらい練習だって頑張れるようになります。読書だって、楽しいことではありますが、気力が削がれたり、読むのに体力がいったり、まどろっこしい推理部分にいらいらしたりすることだってあります。ストレスフリーを感じる人もいるらしいですが、ある程度のジレンマがあってからの、良いものに出会えたときの喜びって、かけがえのないものだと思います。それが病みつきになってしまうことって多いですから、紙の部分からの工夫って、うまいことやっているのかもしれないです。

小説系

本はどこで買っているか

By adminコメントは受け付けていません。

あなたは普段、本やマンガをどこで購入していますか?古本であればまた話は別ですが、通常、一番多く回答されるのは、「書店」だと思います。私も大抵そうですね。定期購読している雑誌ならともかく、ネット通販は、欲しいけれど手に入らない本を購入する際にしか使いません。まとめ買いだと送料無料になることが多いですが、一冊だとむしろ送料の方が高くなってしまう場合も多いですしね。それは避けたいところですから。その点、時間がかかってしまうことはあっても、書店取り寄せだとその料金がかからなくて済みますから、「どうしても今すぐ読まないとダメ、無理」というときでもない限り、気長に待てるようにしています。たまにネットショップにしか在庫がないときがあるので、そのときは使うんですけど・・・というと、なんだかんだでネットショップは多用しているような気がしてきますね。こうやって見つめ直してみると、古本をネットショップで購入することは多いかもしれません。一般の古本屋さんもよく使うんですが、やっぱり全巻きちんとそろっていないことも多いですし、ピンポイントで欲しいものを探したいときは、ネットの方が楽なことも多いです。状況もランク別にしてくれているところ、多いですしね。掘り出し物探しが楽しいときは別ですけど。

小説系
Blue Taste Theme created by Jabox