子供が主人公の物語を読んで子供時代を思い出そう

By adminコメントは受け付けていません。

小説の主人公は本の数だけいろいろな人がいるわけですが、中には子供が主人公になっている小説もあります。このような小説に出会ったタイミングが大人になってからの場合には、主人公にあまり感情移入ができないのではないかと思って敬遠してしまうこともあるのかもしれませんが、そうとも言い切れませんのでまずは読んでみるようにしましょう。子供が主人公のものはそれはそれで楽しいものですし、自分が幼い頃の気持ちなどを思い出させてくれるものでもありますので、敬遠なんかしないで、まずはとにかく読んでみたほうがいいものなのです。そのため、このような本と出会った場合にはまずは読んでみましょう。買うのは悩んでしまうということであれば、まずは最初の数ページだけでも読んでみてはいかがでしょうか。つまりは立ち読みで最初のほうだけを読んでみて、その上で判断してみればいいのです。大人になってから子供のころを思い出すのは懐かしいというのもありますし、明日への活力などになることもあるので、このような本を読んでみるのはおすすめです。もしも嫌いじゃないかもと思ったら、今度新しい本を探すときには子供が主人公のものを探してみてはどうでしょうか。

小説系

しおりが何枚も挟んであると訳がわからなくなる

By adminコメントは受け付けていません。

本によってはひも状のしおりがあるのに、紙製のしおりも本屋さんがつけてくれたりして、同じ本の中にいくつもしおりがあるということもあるのですが、このような場合、次にまた読み進めようと思ったときに、どちらのしおりを参考にすればいいのかがわからなくなってしまうこともあるのです。かなり離れた位置に挟まれていれば、まだわかるでしょうが、かなり近いページに二つのしおりがあったり、前回読んでからかなりの時間がたってしまっている場合には、どちらを参考にすればいいのかわからないということもあるのです。そうなってしまうと、途中のページを読まないままに読みすすめてしまったりして、最後まで読んでも内容がいまいちよくわからなかったりということになってしまうこともあるので気をつけておくようにしましょう。そのため、本を読み始めるときには、しおりがひとつだけということを確認しておきましょう。とくに多いパターンとしては、ひも状のしおりがあるとは思っていなくて、本屋さんなどでもらった短冊状のしおりを使ってしまうパターンです。自分はひものしおりを使わないなどとルール化していれば間違いもないのですが、このあたりのことも意識しておきましょう。

小説系

コンビニの本売り場は読書家にとって見逃せない

By adminコメントは受け付けていません。

24時間いつでも本が手に入る場所といえば今はインターネットとなりますが、たしかにネット上の本屋さんの場合には、24時間いつでも購入することができますが、購入することはできても、届けられるのは翌日などとなってしまいますので、すぐに手元にくるということではありません。そのため、本当の意味で24時間いつでも本が手に入る場所といえばコンビニです。もちろん、コンビニの場合には本は百冊も置いていません。本屋さんなどと比べたら圧倒的に数が少ないので、ラインナップはかなり少ないということになってしまうのですが、だからといってコンビニも適当に本を並べているわけではなく、厳選に厳選を重ねた商品だけを置いているので、意外といい感じの本が揃っていることも多いのです。しかも、24時間いつでもそこに行けば、すぐさま手に入るわけですし、ほかの品物の買い物ついでにいくということもできますので、コンビニに置いてある本に注目してみるということも考えてみてください。とくに夜中に何か本を読みたいと思ったときなどに最適な場所となりますので、ぜひともコンビニにも注目してみるようにしてください。そして、自分にとって面白い本と出会うようにしましょう。

小説系

大量の本を持ち歩きたいなら電子化してしまうのがベスト

By adminコメントは受け付けていません。

人それぞれな部分もあることなのですが、たくさんの本を持ち歩いて、好きな本を好きなタイミングで読みたいというような場合、もはや書籍を電子化してしまったほうがいいのではないでしょうか。やはり、データで持ち歩くというのはかなり軽いですから、電子データを見ることのできる機械さえあれば気軽にいつでも本を楽しむことができます。読みたい本を一冊ぐらいだけ持ち出すというのが普通の考え方ではあるのですが、それだけじゃなくてたくさんの本を持っていきたいということもあるわけですから、そのような場合には本を何冊もそのまま持っていくのではなく、データだけを持ち出すというような考え方をおこなってみてください。たとえば、長期の出張などに行く場合には、向こうに行ってから暇になってしまうのは嫌だと思ったり、そもそも仕事のことで必要な書籍などをたくさん持っていかないといけないとなると、トランクの中は本がスペースを占拠してしまうなんていうこともあるのですが、データならばカバンの中にホンの少しのスペースがあれば、機械の中にすべて詰め込むことができますし、何万冊というレベルの本のデータも持ち歩けますので、ぜひとも検討してみてください。

小説系

昔書かれた小説を読んで当時の時代背景を知る

By adminコメントは受け付けていません。

小説は最近になって書かれて刊行されたものもありますが、何十年も前に書かれたものもあります。かなり昔からある文化だからこそ、いろいろな時代背景のもとで書かれたものが世の中にはあるのですが、ここ最近の時代を生きている私たちからすれば何十年も前の世の中というのは教科書などでしか知ることができません。しかし、昔の小説を読んでみることによって、当時の時代背景を知ることもできるので、小説を読みながらそのような古き時代のことに思いを馳せてみるのもいいのではないでしょうか。もちろん、なにも歴史を学ぼうということではなく、そこまで古い時代のものに手を出さなくてもいいのです。たとえば今から二十年前や三十年ほど前の本であっても、今とはまったく文化が異なるわけですから、そのあたりの時代の世の中を小説から知ってみるというだけでも楽しいものです。たとえば携帯がなかった時代のことを見てみるだけでも意外と楽しかったりします。そのため、昭和初期などにまで遡ればもっともっと楽しいということもありますので、このあたりのことも小説から知ってみましょう。なんにしても、知らない時代のことを知るということはとても楽しいことになるのです。

小説系

寝たいときこそ小さい文字を読もう

By adminコメントは受け付けていません。

寝たいのに寝れないという経験は大人になるとよくあるものですが、そんなときにはやはり文字を読んでみましょう。小さな文字の集合体である小説というのは、それを読んでいるだけでも眠くなってくるものです。そのため、寝れないかもしれないと感じたら、すぐにでも本を持ってきて、寝る姿勢になった上で読んでみましょう。そうすれば、いつの間にか寝ていたなんていうこともあるはずです。こんな簡単な方法でと思うかもしれませんが、実際、意外とそのようなシンプルなものだったりします。人間、どこかが疲れると眠たくなるものです。体を疲れさせるというのはなかなか大変ですが、目だけを疲れさせるということであれば本があればできてしまいますので、ぜひともそのような形で安眠というものを見つけてみてください。やはり、眠ったほうがいいのは間違いありませんから、そのためにも本というアイテムを使ってみてください。そのほかにもいろいろな方法があるにはあるのでしょうが、このような身近なアイテムでもおこなうことができますので、ぜひとも試してみてください。本が好きな人はもちろんですが、本があまり好きじゃない人も眠くするためには良いアイテムと言えます。

小説系

笑える作品なのか泣ける作品なのかは調べよう

By adminコメントは受け付けていません。

本を読むときにはあらかじめ、その小説の中身をある程度は把握しておいたほうがいいと思います。もちろん、なんの前情報もなく触れてみて、その上でまっさらな気持ちで楽しみたいという人もいるとは思います。たしかにあまりに細かいあらすじまで知ってしまったり、いろいろな人の感想などを見てからとなると、素直な気持ちでは読めないなんていうこともあるわけですが、そうは言っても大まかには書籍の内容を知っておいたほうがいいと思います。どのくらいのレベルのことを知っておいたほうがいいかといえば、たとえば「笑える内容の作品なのか」とか「泣ける内容の作品なのか」というようなことです。もしも自分が笑えるような話を読みたいと思っているときに、思い切り泣けるようなストーリーを読んでしまったとなると、自分の思いとは全く違うものを読んでしまうことになりますので、そのようなミスマッチングは避けるために、できることならそのようなレベルの大まかな概要だけは知っておいた上で、本を読んでみたほうがいいと思います。もちろん、このようなレベルの情報さえ知りたくないということであれば、それはそれで正しい小説の読み方となるので、それも正解と言えます。

小説系

小説家への近道は新人賞を受賞すること

By adminコメントは受け付けていません。

どうすれば小説家になれるのか、ということは今現在小説家という仕事を目指している人にとっては最大の疑問であって、最も大事な疑問であると思いますが、この答えとしては、一番の近道は新人賞を取るということです。小説には文学賞があって、その中には新人賞と呼ばれる、まだデビューしていなかったり、デビューしていても一冊ぐらいしか出していなかったりという、新人の作家さんが書いた作品だけを選考して賞を決めるものもあります。細かいルールはそれぞれ異なりますが基本的にはプロデビュー前のアマチュアの作家さんから作品を募集していることが多いようです。そして、このような新人賞をとることによって名実ともに小説家になることができますので、小説家になりたいのであれば新人賞をゲットしてみてはどうでしょうか。小説家というのは資格制ではないので名乗ってしまえばその時点からその人は小説家になれるのですが、そうは言っても作品もなく評価も受けていなければなかなか名乗ろうとは思わないものですし、名乗ったところで恥ずかしいと思ってしまうものです。しかし、このような賞があれば本を出すこともできるでしょうし、本当の小説家になることができますので、一番の近道ということでいえばこれです。

小説系

小説は書くものではなく読んでもらうもの

By adminコメントは受け付けていません。

小説は書くものですが、同時に読んでもらうものでもあります。そのため、自分が書き手となって送り出す側にまわる場合にはその文章を読んでくれる相手のことを何よりも大事に考えたほうがいいとおもいます。この意識が抜け落ちているとおそらくプロというのはまず無理ではないでしょうか。もちろん、自分が書きたいものを書きたいように書くということはとても大事なことですし、これをおろそかにしていいということでもないのですが、そうは言ってもせっかく書いた内容が相手に何も与えられない、つまりは何も伝わらないということでは意味がないので、そのようなことをしないように気をつけておきましょう。このようなことは、とにかく自分で何度も思っていると、いつの間にかそれが自分のくせになっているということもよくありますので、思い込みからスタートしてみましょう。毎日のようにやっているとそれが当たり前になってきて、自然と読者のことを考える文章がスラスラと書けるようになってくることもありますので、そのようなことを目指してがんばってみてください。せっかく小説を書くのであれば、やはり誰かに読んでもらって、なにかを伝えたほうが絶対にいいわけです。

小説系

書く事は苦しいけどその苦しみを抜けた人だけが小説家

By adminコメントは受け付けていません。

書くことは決してラクではありません。一ページやそこらの文字数であれば気軽に書けてしまうことでも原稿用紙何百枚分の文章を書くなどということになりますと、それはかなり大変だったりします。そのため、その覚悟は持って小説作りというものはしたほうがいいのですが、このような辛い時間を乗り越えた人だけが小説家になれるのも事実です。小説家というのは稀なケースを除けば共同作業ということはなく、ひとりでおこなわないといけないものです。そのため、誰かに愚痴ることぐらいはできるかもしれませんが、助けてもらうことはできません。また、あまり考えないほうがいいのですが、その作品がないと世の中が立ちいかなくなるというようなこともないので、自分なりにその作品の存在意義というものをしっかりと持っておかないと、あとになって辛くなってくることもあります。そのため、これらを乗り越えた先に小説というものがあって、そのさらに先に小説家という肩書きを持つことができるのだということは覚えておきましょう。楽しいことではありますが、同じくらいに大変さもあることなので、これから本気でプロを目指すのであれば、このあたりの覚悟は持っておきましょう。

小説系
Blue Taste Theme created by Jabox